毛穴の開き 皮脂

毛穴の開きと皮脂の関係

 

お肌ケアには絶対無視できない存在の毛穴。その毛穴って、全身にいくつあるか考えたことがありますか?

 

約500万個だそうです。で、そのうち顔には約20万個あります。

 

毛穴が舞台の代表的なトラブル・ニキビは全身にできます。が、お肌ケア対象になるのは、この顔の20万個でしょう。

 

 

毛穴はあんなに小さいものなのにたくさんの構造が詰まっています。

 

まず、毛母細胞や毛根などがあります。毛穴というぐらいですから、一個につき必ず毛は一本あります。

 

後は汗腺。ここから汗が出て体温の調整をします。

 

で、お肌ケアで問題になるのが、皮脂腺です。これも毛穴ひとつにつき一個です。ですから、毛の密度の濃いところには皮脂腺もその分たくさんあるのです。

 

皮脂のせいでお肌トラブルといえば、女性の方が多いのでしょうが、実は男性の方がたくさん出ています。「脂ぎったオヤジ」なんているのはそのせいですね。

 

皮脂は常に分泌されていて、お肌の上にいきわたるようになっています。

 

というのは、皮脂には大事な役割があるのです。

 

皮膚は幾つもの層からできていて、一番外が角質層です。

 

角質層はお肌全体にとってもバリア役を果たしています。

 

外からものが当たる・すれるといったダメージを防いだり、有害物質が入り込むのを防ぎもします。ウイルスや細菌に触れたからといって、簡単に病気にならないのには、角質層も一役買っています。

 

また、逆に内から水分が蒸発したり、体温が逃げないようにもしています。

 

 

 


このページの先頭へ戻る